キクの品種で最も人気がある花とは?成長には日光と育て方が大切

キクでも人気が高い大菊!その特徴と育て方

キクの品種で最も人気がある花とは?成長には日光と育て方が大切

キク

最も人気のあるキクの品種とは?

日本では、「大菊」が最も人気になっています。このキクは、花の直径が20センチメートルもあり見応えがあります。育て方としては、一枝に対して1輪だけ残して周りのつぼみを取り去ることで、一つの花を大きくします。三本仕立てやダルマづくり、福助づくりなど様々な形を作って楽しめます。大菊の中でも厚物と呼ばれる品種が最も人気があります。

日光がしっかり当たる場所で育てよう

キクを栽培する時に使用する土は、腐葉土や赤土、ゴロ土を混ぜた通気性の良い土を使用します。水やりは土の表面が乾いたらすぐにたっぷりと水を与えるようにします。また、日当たりがとても大切な植物ですので、日光がしっかり当たるところで育てるのがポイントです。肥料を与えるとしたら、春に新芽が出ることから、つぼみが見える頃までに与えます。

西洋キクと和キクの魅力を比較

楽しみ方が異なる!

日本の古典的なキクの育て方としては、一枝あたり一輪とすることで大きな花を咲かせて楽しむのが一般的ですが、西洋キクの場合は、あまり手を加えずに育てるため、小さな花がたくさん咲くのが特徴です。

色合いが異なる

西洋キクの場合は、比較的カラフルなものが多いです。一つの鉢植えの中でも色々な色合いの花が咲きます。西洋キクはアメリカで作られたのが発祥で1968年に日本で販売されていたものです。「ポットマム」や「スプレー菊」がメジャーな品種となります。

綺麗な花を咲かせる為に

キクを育てる魅力を紹介しましたが、キクを育てるには手間が掛かってしまいます。正しい育て方をすることによって、綺麗な花が咲くので、土の手入れや水やりをしっかり行いましょう。

広告募集中