キクの種類と美しく咲かせるための育て方のポイント

キクの種類は豊富!

キクとは、キク科キク属の植物の総称です。日本にも古くから自生していましたが、栽培が始まったのは平安時代からです。以来、観賞用としていろいろなキクが栽培されてきました。これらの観賞用の菊を「イエギク」といいます。イエギクの種類は大変豊富で、日本だけでも約350種類もあります。

沢山の種類があるキク!育て方から理想的な植物を選ぼう

キク

西洋キクも人気!その特徴について

江戸時代の末、イエギクは西洋に渡りました。キクは西洋でも大人気となり、改良が重ねられたくさんの種類が生まれました。これらを「西洋キク」といいます。西洋キクには主に、スプレーマム、ポットマム、クッションマムに分類されます。スプレーマムはアメリカに渡って品種改良されたキクです。1本の茎に放射状に多くの花を咲かせるのが特徴で、切り花向けの品種です。ポットマムは草丈が低いのが特徴で、鉢植え向きの品種です。そして、クッションマムです。摘芯しなくても自然に分岐を繰り返して花がドーム状になるのが特徴です。鉢植えやプランターの他、花壇に植えるのに向いています。

上級者向けの品種として名高い大ギクとは

大ギクとは、花の直径が18センチ以上になるキクのことをいいます。一枝に対して一輪だけ残して摘蕾します。大きく分けて厚物、管物、広物などがあります。品種によって開花時期や成長の具合、花の咲き方などが違い、育て方自体が変わることがあります。このように専門的な知識や技術が必要とされるため、まさに上級者向けの品種といえます。しかし、上級者向けのお花ほど庭や花壇に咲けば、素敵に見えるのは確かです。庭の手入れを埼玉などにいる業者に頼んで草刈や伐採などをしておけば、もっとお花が生き生きしている状態を維持できるでしょう。また、どうすれば植物を元気に維持できるのか、庭の上手な手入れの方法などに関する知識を持っているので、良いアドバイスが聞けるかもしれません。

新着情報

[PR]キクの育て方を詳しく解説!
キレイな花を咲かせよう☆

キクはガーデニング上級者に人気です

キクは、バラやカーネーションと並んで世界三大切り花と呼ばれます。日本だけでなく、世界中のガーデニング上級者をも虜にするキク。追求すればするほど奥深い多種多様な美しさが魅力の花なのではないでしょうか。

キクを育てている人の声

立派なキクが育ちました!

子供と一緒にキクを育て始めました。分からないことが多く、苦労しましたが、立派なキクを育てることができました。来年も花を咲かせるとのことだったので、来年も頑張りたいと思います。

キク栽培に挑戦中!

ガーデニング上級者向けと言われていると聞いて、キク栽培を初めてみました。土が乾くごとに、水を与える必要があるので、手間は掛かってしまいますが、手間をかけた分綺麗な花が咲くことを期待しています。

広告募集中